心斎橋 鍼灸 美容整体 足ツボ「メヌエット鍼灸整骨院」

中央区南船場、心斎橋駅すぐ近くの不妊・腰痛治療実績の美容鍼灸院です。ハンズ心斎橋店の近く。土日営業。

0000145478.jpg

ホーム ≫ ブログ

BLOG

むくみ と東洋医学(鍼灸) その2

今日は、「腰より上のむくみ」と「腰より下のむくみ」について


記述したいと思います。



1)腰より上のむくみ(実証)


 初期は、まぶた、頭顔面部の浮腫で、次第に手足・全身に広がり


 腰より上部に著明に現れます。


 皮膚を押すと陥凹しますが、回復が早い。


 皮膚光沢、小便短少。


 発熱する時があり、身体がだるく「せき」がでる。


  風寒性・・・悪寒が強く、汗をかかない。 舌は白滑。


  風熱性・・・咽喉が赤く、腫れて痛い。 舌は薄黄。



2)腰より下のむくみ(虚証)


 初期は、足背部の浮腫で、次第に全身に広がり


 腰より下部に著明に出現します。


 皮膚を押すと陥凹し、なかなか回復しません。


 皮膚色は暗、小便短少。


  脾虚性・・・胃部のつかえ、身体がだるい。 舌は白くザラつく。


  腎虚性・・・腰痛、足のだるさがあり、手足の冷え、精神疲労。

むくみ と東洋医学(鍼灸) その1

今回からは、「むくみ」と東洋医学(鍼灸)について勉強したいと思います。



むくみ(水腫)とは、頭顔面部、眼瞼、手足、腹背部または全身


におこる浮腫のことです。


古典の「内経」では、むくみを「水」と称しています。


実証としては、「腰から上のむくみ」が多く、


虚証としては、「腰から下のむくみ」が多いといわれています。



むくみ(水腫)は、主として三焦の気化機能失調にあり、


病は肺・脾・腎の三臓と密接な関係があります。



現代医学では、心性浮腫、腎性浮腫、栄養性浮腫などが


あります。



病因として、「風邪による水腫」 「水湿による水腫」 「腎虚


による水腫」 があります。


冷え性と鍼灸 その2

今日は、冷え性の主要な経穴を、タイプ別に書きたいと思います。


・気虚・陽虚型・・・関元、太けい、復溜、陰陵泉


・気滞型・・・支溝、行間、足三里、太衝


・血虚型・・・太淵、膈ゆ、心ゆ


・お血型・・・次りょう、委中、腰陽関、腎ゆ


・水滞型・・・陰陵泉、水分、三陰交


以上が冷え性のタイプ別の外せない経穴である、と考えます。


また、冷え性は、幾つかのタイプが重なっている場合も多いのですが、

顕著に現れている型から施術すればよいのではないかと思います。

冷え性と鍼灸 その1

0000184295.jpg
冷え性に対して東洋医学的に診てみたいと思います。

東洋医学では、体の異常を説明する生理的な因子に「気」「血」「水」があります。

冷え性は、次の五つに分類されます・・・

 ・気虚・陽虚型・・・生命力である「気」の低下により発生する冷え症状で、

  全身倦怠感、易疲労感、息切れ、めまい感などを伴う。

 ・気滞型・・・精神的な抑うつ状態を意味し、頭痛、肩こり、易疲労感などの症状を伴うことが多い冷え症状。

 ・血虚型・・・血(血液、各種ホルモンなどの作用を含めての概念)の量が低下したこと

  による冷え症状で、皮膚の荒れ、毛髪の脱落、動悸、めまいなどを伴うのが特徴。

 ・お血型・・・血の流れに障害をきたしたことで発生する冷え症状で、最も多いタイプ。

 ・水滞型・・・水(津液=生命活動の維持に必要な全ての水液)が体の一部に偏った

  ために起こる冷え症状で、動悸、めまい、立ち眩み、頭痛、むくみなどを伴う。

以上五つのタイプで、冷え性の七割が「お血型」です。

しかし、水滞型を伴っている時は水滞型の治療を優先し、その後お血型の治療をするほうが

治療効果が早いようです。


不妊症の鍼灸治療穴(ツボ)

0000176618.jpg

鍼灸は一般に、機能性の不妊に対してはかなりの効果がありますが、


器質性の不妊に対しては効果が落ちます。


また、治療過程が長引くものほど、妊娠の可能性は減少します。



血虚の方は、栄養の補給に注意することが重要ですし、


腎虚の方は、身体を疲れさせないことも大事です。


また、房事(sex)は、節度のあるものとし、精神的なリラックス


をはかることも大切ですね!




*不妊のタイプ別治療穴*



1)腎虚による不妊・・・「腎兪」 「気穴」 「然谷」



2)血虚による不妊・・・「関元」 「気戸」 「子宮」 「三陰交」 「足三里」



3)胞寒による不妊・・・「陰交」 「曲骨」 「命門」 「気海」



4)痰瘀阻滞による不妊・・・「中極」 「気衝」 「四満」 「三陰交」 「豊隆」



不妊症と東洋医学 その2

不妊について病因タイプ別にみてゆきたいと思います。

1)腎虚による不妊


 多くは先天的に虚弱で腎気が不足していたり、または房事不節


 により精血を消耗し、腎陽を損傷して温める作用が失調すると


 妊娠することができなくなります。


 月経不順・経量が少ない・精神疲労・腰膝のだるさ・めまい・耳鳴り



2)血虚による不妊


 体質が虚弱で陰血が不足していたり、脾胃が虚弱で気血を生化


 できなかったり、または血や津液を消耗すると、衝任脈が空虚


 となり、妊娠することができなくなります。


 月経後期・経量は少ない・顔色は黄・精神疲労・倦怠感



3)胞寒による不妊


 月経期間中は子宮が開いており、この時期に房事を行うと


 気血を損傷して風寒を受けやすくなり、風寒は容易に子宮に


 侵入します。寒邪が子宮を凝滞させると、不妊となります。


 出産経験があっても、第2子を妊娠しない。


 月経後期・腹部の冷痛・寒がり・四肢の冷え・膝腰のだるさ・小便清長



4)痰瘀阻滞による不妊


 肥満体質の人、または油物や味の濃い食べ物を好む人は、痰湿が


 内生して気の運行が悪くなりやすい。またストレス等で肝気鬱血すると、


 痰湿と血瘀が相互に阻滞して子宮を閉塞し、受胎不能となります。


 出産経験があっても、第2子を妊娠しない。


 月経不順・胸脇部の張った感じ・怒りっぽい・肥満・心悸



不妊症と東洋医学 その1

結婚して3年以上たつ女性で、男性の生殖機能が正常であり、避妊も

していないのに妊娠しなかったり、または一度妊娠した経験はあるが、

それ以降数年間妊娠しない場合を、不妊といいます。
 

古典では妊娠経験の有無によって区別していて、妊娠経験のないものを

「全不産」または「無子」といい、妊娠経験のあるものを「断緒」といいます。
 

本病の主な病理機序は、先天的な染色体異常などを除くと、多くは

「腎気不足」または「衝任脈の気血不足」です。
 

腎気が旺盛となり真陰が充足し、任脈が通じ衝脈が旺盛となると、

正常に月経がきます。
 

腎虚や血虚で衝任脈に滋養できないと、腎精を統摂して受胎することが

できなくなります。

また胞脈が寒凝したり(冷え)、痰瘀が衝任脈を阻滞させたも、受胎不能となります。



美容鍼灸と皮膚 その2

東洋医学では、「気」は主として胃腸機能(脾胃)と


呼吸機能(肺)によって生産されると考えられています。


これらの機能の変調は、皮膚にも影響を及ぼします。



ちなみに胃腸機能の変調は、肌荒れの原因になることや


呼吸機能の低下は、風邪を引きやすくする、といったことは


経験的によく知られています。



このように鍼灸医学では、皮膚は人体を守る「バリア」として


古くから認識されていました。


美容鍼灸と皮膚 その1

東洋医学でいう皮膚は、「皮毛」あるいは「肌表」と
 

称され、汗を排泄して体温や水分を調節し、
 

外界のストレス(環境変化)から体を守る作用が
 

あります。
 

それらの作用は、皮膚の下をくまなく巡る気(衛気)
 

の作用によると考えられています。

 

気が皮膚を巡り、充たしていれば、外界のストレスに
 

容易に侵襲されることはありません。
 

皮膚の健康状態は維持されます。
 

しかし、何らかの原因で気が不足したり、停滞すると
 

生体防御力が低下します。


美容鍼灸とは その2

0000147227.jpg
皮膚は、内臓の症状を表しているので、「見た目」の治療

 ではなく「未病」を一緒に治療し、体の中から綺麗になるのが

 美容鍼灸の役目である、と考えます。

 ただ顔面部に鍼をするだけでは、効果は半減してしまします。


 美容と聞いて一番に思い浮かぶ「エステ」は、痩身、脱毛、美白

 などの「見た目」の変化を目的とした全身の美容術です。

 一方、鍼灸治療はあくまで広義の医療フィールドに立つもの

 であり、両者は本質として異なります。

 
 しかし最近では、鍼灸治療とエステティックのコラボレーション

 による「美容鍼灸エステ」という分野が広まりつつあります。


       
      ではまた。。。


美容鍼灸とは その1

「美容鍼灸」とは?


 身体の中から美しくなり、それが健康美として表面に

 現れることを目的とした臨床鍼灸の応用です。

  
 東洋医学には「健美」という言葉があります。

 これは、「体の健康を無くして美容は実現できない」

 という考えで、体表の皮膚面だけの美しさを追及する

 西洋医学的な考え方とは大きく異なります。

 
 また、東洋医学の考え方には「未病」という言葉が

 あります。

 未病とは、病気は体内にあるのに症状が体表面に

 出ていない状態で、治療しなければ早晩発症する

 状態を指します。


       次回につづきます・・・


ブログが始まります!

メヌエット鍼灸整骨院のブログが始まります。

見に来てくださいね!
  • 0000147244.jpg
  • 0000147246.jpg